毛が存在する理由と毛が濃くなる理由

8

最近は老若男女の美意識も高くなり、暖かい季節になると、特に脱毛サロンに掛け込む方が多いそうですが、そもそも何故ムダ毛が存在するのか?またどうして濃くなっていくような気がするのか?考えてみた方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は毛についていろいろご紹介していきたいと思います。

「毛が存在する理由」

まず、頭髪、まつ毛やまゆ毛などは、目で見てすぐ毛の役割が分るのではないでしょうか。

頭髪は、紫外線や外部からの衝撃を守る為、まつ毛やまゆ毛は、目に汗や埃が入らないようにする為など、それぞれ役割がきちんとあります。

しかし、それ以外の腕や足、おヘソの周り、指の毛、ワキの毛などのムダ毛はイマイチ生えている理由が分らない方も多いかと思います。

ですが、これらの毛も決してムダに生えている訳ではなく、肌の温度調節の為であったり、

身体を保護する為に存在するのです。

しかし、現代の私達の生活は、寒ければ長袖を着て暖房を入れ、暑ければ半袖になりクーラを入れるという、身体の温度調節は家電や洋服が担ってくれている事が多いです。

昔のように、体毛で体温調節するという必要もなくなってきました。

そこで、あまり必要がなく、見栄えも良くないムダ毛を処理する人が増えてきているのです。

「自己処理で毛は濃くならない?」

自己処理でムダ毛を処理していると段々毛が濃くなってきている気がするという経験を

1度はした事がないでしょうか?

実は、それは毛が濃くなっているからではなく、剃った後の毛の形によって見え方が違うのです。

毛を処理する前は、毛の先端部分は細くなっているので、毛は「円錐型」になっています。

しかし、カミソリなどで毛を処理すると、毛の切り口は丸くなっているので、「円柱」に見えます。

その「円錐」の時と比べ、「円柱」の方が面積が大きくなり、上から見ると毛が濃くなっているような錯覚になってしまうのです。

なので、自己処理を続けているからといって、それが原因で濃くなっている訳ではありません。

「毛が濃くなる理由」

前途のような切り口によって濃く見えてしまう目の錯覚もありますが、本当に毛が濃くなってしまう原因もありますのでしっかりチェックしてみて下さい

「ホルモンバランスが乱れる」

女性も男性ホルモンをもっており、身体の毛は男性ホルモンに影響していると言われています。

男性ホルモンとは基本減少はあまりしません。しかし、女性ホルモンは思春期や妊娠期、更年期など生活環境によって減少してしまいます。

その時期になると、毛が突然濃くなったり、薄くなったりしてしまう事があります。

特に妊娠中は一時的に体毛が沢山増えたりもしますが、脱毛などは出来ません。

脱毛を希望の方は、出産後、ホルモンバランスが落ち着いた頃に脱毛施術を受けてみて下さい。

「生活習慣の乱れ」

例えば、暴飲暴食、寝不足、タバコ、ストレス、インスタント食品ばかりを食べる

など、生活習慣が乱れる事により、やはりホルモンバランスも乱してしまいます。

ホルモンバランスを乱してしまうと、毛が濃くなるなどの原因にもなります。

「ダイエット」

女性では多くの方がやられているダイエットですが、極端に食事制限をしてしまうと

体調を崩しやすくするだけではなく、これもホルモンバランスを乱す原因になります。

また、あまりに脂肪を摂取しなさすぎるのも、女性ホルモンを低下させる原因になり

毛が濃くなってしまう原因にも繋がります。

「薬や健康食品」

飲んでいるお薬の副作用であったり、抜け毛や育毛対策の健康食品などを摂取している場合は、毛が濃くなる事があるでしょう。

もし、あまりに気になる場合は、医師や、食品メーカーなどに一度問い合わせを行ってみて下さい。