デリケートゾーンの脱毛

脱毛をはじめる方で、「ワキ」を脱毛したいという意見が圧倒的に多く聞かれますが、最近は「ワキ」の他に「デリケートゾーン」を脱毛したいという方も多く増えています。

しかし、デリケートゾーンを脱毛するというのは、どうやって脱毛するのかな?スタッフの方に施術してもらうのは何だか恥ずかしい、すごく痛みがあるのではないか?など他の部位を脱毛するのと違い少し勇気が要りますよね。

しかし、デリケートゾーンを脱毛すると沢山のメリットもあるので、一歩勇気を出して脱毛する事をオススメします。

  • 「デリケートゾーンの脱毛メリット」

「清潔に保てる」

デリケートゾーンを脱毛する事で、雑菌などが減り清潔に保つ事ができます。

デリケートゾーンはどうしても汗を掻き、ムレやすくなってしまいます。

そうなると、毛に雑菌が繁殖し、不快な臭いや痒みの原因にもなってきます。

また、痒いからといって掻いてしまい肌を傷つけてしまうと、そこからまたバイ菌が入ってしまい炎症を起こしてしまうという事もあります。

なので、スッキリ脱毛した方が、汗も掻きにくくなり、ムレなども少し軽減されてきます。

「生理中も快適」

デリケートゾーンを脱毛した人達の口コミで良く聞かれるのが、デリケートゾーンの脱毛を行うと生理中がラクになったという事です。

生理中はどうしても血液が毛に付着してしまったり、ムレやすくもなるので、痒みの原因にもなってきます。

しかし、脱毛を行うことで、おりものや血液も付かなくなり、肌のかぶれや匂いも軽減されるので、沢山のメリットがあります。

「見た目も綺麗」

夏になると水着を着用する方も多いのでないでしょうか。

そうなるとデリケートゾーンの毛はどうしても気になりますよね。

自己処理をしても、デリケートゾーンの毛は剛毛なので、生えてくる時にチクチクしてしまい下着を着用した時も痒くなってしまう事もあります。

しかし、脱毛も行う事でスッキリ綺麗な見た目になれるので一石二丁です。

また水着は着用しないという方でも、ショーツから毛がはみ出さなくなるので見た目も美しくなりますね。

選ぶ下着のバリエーションも増えて楽しいですね。

  • 「デリケートゾーンの脱毛注意点」

「施術中の痛み」

デリケートゾーンの毛はかなりの剛毛なので、他の部位に比べても痛みを強く感じやすいと言われています。

その理由は、光脱毛やレーザー脱毛の場合、照射する光は黒い物に強く反応する傾向があります。

ですから、デリケートゾーンのような黒く太い毛には良く反応してしまい、その時の痛みが少し強めに出てしまうのです。

ですが、逆に考えると反応しやすいという事は効果が出やすいという事になります。

「毛のう炎になりやすい」

毛のう炎とは、ニキビに似たようなもので、赤みをおびた丘疹になります。

脱毛の際に太い毛などを処理した時に毛穴の毛包部に細菌が入りこんでしまい感染してしまいます。

特にデリケートゾーンなどは他の部位に比べて毛が太く濃い為、光に反応しやすく毛穴にダメージを受けやすく、毛のう炎にもなりやすいです。

また、光脱毛よりもレーザー脱毛で施術を行った方が光の照射出力が高い為、毛のう炎にはなりやすいと言われています。

一般的な毛のう炎であれば自然に治癒するので心配はありません。

もし更に悪化していくようであれば一度お医者さんに診てもらうようにして下さい。

「脱毛をした直後に気をつける事」

デリケートゾーンを脱毛した直後は、施術した部位も敏感になっているので施術後2~3日間は、プールや海、温泉などは避けるようにしましょう。

なので、もし旅行など大事な予定がある時はデリケートゾーンなどの脱毛予約は入れない方が安心です。