家庭用脱毛器

昔は、エステサロンに行くような感覚の脱毛も、最近では気軽に脱毛をはじめる人が増えています。

でも、お仕事が忙しい人や、子育て中で小さい子供がいる人、最近では介護で自宅を空ける事の出来ない人など、脱毛に通いたくても通えない人も多いのです。

そんな方には「家庭用脱毛器」をオススメします。

時間に制限されず、自宅で行えるので外出できない方にも気軽に脱毛できます。

ただ、家庭用脱毛器にも、メリット・デメリットもあるので、まず脱毛サロンに通うよりも、家庭用脱毛器の方が自分に合っているか?自宅で自分でお手入れできるか?などきちんと考えてから購入し使用して見て下さい。

  • 「家庭用脱毛器メリット」

・まずは、脱毛サロンに比べると価格が安くなります。その理由は、家庭用脱毛器は自宅などの場所で自分でお手入れをするので、施設費や人件費が掛ってきません。

その分脱毛サロンよりは安くなってきます。

・また、家庭用の脱毛器を購入すると、自分だけではなく家族と一緒に使用できるので高い金額でも使用する人数を考えると、結果的に安くなります。

・脱毛サロンで、VIOを脱毛する場合、スタッフに施術をしてもらうので、他人に見られてしまうという恥ずかしさがありますが、家庭用脱毛器であれば自分でVIOもお手入れできるので精神的に安心できますね。

・また、脱毛サロンは、通える回数や期限などがあるかと思いますが、家庭用脱毛器は1度購入してしまえば、壊れない限りは永久的に使用できるので、途中で終わるという事もなく、自分が納得するまで永遠に脱毛できます。

・脱毛サロンに通う必要がないので、予約も取る必要もなく、脱毛サロンが混んでいて予約が取れない時期でも、家庭用脱毛器であれば、自分の好きな時に施術できストレスなく続ける事ができます。

  • 「家庭用脱毛器デメリット」

・間違った使い方などをしてしまい、肌トラブルを起こしてしまっても術後のケアは全て自分ではやらなくてはなりません。

脱毛サロンと違い、全て自分自身で施術をするので、トラブルがあっても自己責任となってきます。取り扱いは十分に気をつけて行うようにしましょう。

・家庭用脱毛器の場合は自分でお手入れするので、手が届かなく処理できない部分が出てきてしまうのが実情です。

特に、背中、襟あしなど背面はお手入れしにくいです。

誰か友達や家族の人などに手伝ってもらうと良いかもしれません。

・家庭用脱毛器の場合、太い毛などは効果が出やすいですが、色素が薄いうぶ毛のような毛はあまり効果がでません。

うぶ毛が気になる方は、脱毛サロンで施術する方が効果的でしょう。

・脱毛サロンに通って施術するよりも、家庭用脱毛器の方が脱毛に時間が掛ります。

その理由は、自分で脱毛器を持って施術するので、脱毛したい部分への脱毛機器の当て方であったり、精度そのものが脱毛サロンよりは劣ってしまう場合があります。

・自宅に脱毛器があると、いつでも出来ると思ってしまい気がつくと全然使用していなかったという人も多いみたいです。

人によっては、予約をしてその日に必ず行かなければならない脱毛サロンに通う方が向いている方もいるかもしれません。

このように、家庭用脱毛器も使用の仕方によっては大変便利で脱毛のコストなどはサロンに通うよりも随分抑えられます。

ただ、全てすべて自分自身で行うという事を忘れずに、トラブルがあった場合は自分で責任を取らなくてはならなくなってきます。

購入して自分で使用して行けるかをきちんと見極め、脱毛器を取り扱う時は説明書をしっかり読んで慎重に取り扱うようにしましょう。

また、家庭用脱毛器も種類が多いので安いからといってすぐに選ぶのではなく、きちんといろいろな種類を見比べてから購入するようにして下さい。