脱毛を受ける時の注意点

11

脱毛はいつでも、どんな状態の時でも施術を受けられる訳ではありません。

脱毛サロンやクリニックにはよっては多少の違いはあるかもしれませんが、

施術を受ける際には守らなくてはいけない注意事項がいくつかあります。

良く読んで、安全に脱毛施術を受けるようにしましょう。

「生理中施術できないサロンもある」

生理中はホルモンバランスが崩れ、身体がとても敏感な時期なので脱毛施術じたいを行っていないサロンも多くあります。またサロンによってはVIOだけは不可というところも

あるので、事前にチェックしておきましょう。

もともと、生理中の脱毛は推奨されていません。

生理中は普段の時と違い、皮膚も敏感になり痛みを感じやすくなるといわれており、肌トラブルを起こす確率も高くなってきます。

また、予約を一度入れてしまいその日に生理になってしまった場合は、サロンによっては、1回消化扱いやキャンセル料を払わなくていけないので、予約を入れる際は生理にあたらない日を確認してからするようにしましょう。

「日焼けは避ける」

脱毛に通っている期間は基本日焼けをする事はできません。

肌が赤くなってしまった日焼けに場合は、肌が軽く火傷をしている状態と一緒です。

火照っていてピリピリ炎症している肌に施術を行ってしまうと、より炎症を強くしてしまったり、痒みなども伴ったりするので肌トラブルの原因となります。

逆に黒くなってしまった日焼けの場合、光脱毛やレーザー脱毛は黒いものに反応するので、光を照射してしまうと火傷の原因にもなります。

少し黒くなるくらいであれば問題ないですが、真っ黒になってしまった場合は肌の色が少し戻るまで脱毛施術は行えないので、脱毛に通う事を考えている方は日焼けには気をつけましょう。

「薬を服用中の方は確認が必要」

脱毛サロンによって多少の違いはありますが、薬を服用していると脱毛の施術を断られる場合があります。

薬を服用中の施術が不可な理由として、健康障害の危険性がある事、肌トラブルを起こす可能性がある事、薬によって脱毛効果が落ちる事など、さまざまな理由があります。

また、脱毛施術の痛みを和らげる為に痛み止めを服用しようとする方も多いみたいですが、

自己判断での服用は大変危険になりますので、医師やサロンスタッフに相談してから服用するようにしましょう。

また次の薬を服用中の方は、施術が受けられない場合があるのでカウンセリングの際にきちんとスタッフの方に確認してみて下さい。

風邪薬、うつ病の薬、花粉や鼻炎薬、血圧の薬などは特に注意して下さい。

「傷がある時」

脱毛サロンによっては、傷の状態から施術を断られるケースがあります。

自己処理中にシェービングで肌を傷つけてしまった時や、ぶつけたり、転んだりしてしまって擦り傷を作ってしまった場合など、ちょっとした事で肌に傷を作ってしまう事は良くあります。

傷がある時に施術してしまうと、肌への負担がかかり、より傷を悪化させてしまう場合があったり、また、瘡蓋ができている時などは、照射した光が瘡蓋に反応してしまい火傷の原因になってしまう場合もあります。

ただし、傷口の状態、大きさによっては、その部分を避けて施術を行ってくれるサロンもあるので最初にスタッフの方に確認しておきましょう。

「予防接種の時期に注意」

冬が近づくと「インフルエンザ」の予防接種を受ける方も多いのではないでしょうか。

「インフルエンザ」の予防接種を受けた時は最低でも5日くらい空けないと発熱や皮膚の腫れの原因にもなり得ます。

脱毛の予約を入れる際などは、必ず予防接種との間隔を空けるなど注意が必要です。

また、他の予防接種の場合は10日前後空けなくてはいないものもあるので、必ず医師に確認してみましょう。